+ 記憶の破片 +

L'Arc~en~Ciel unofficial fan site blog & Silver soul blog

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの時の自分

DSCN0500.jpg

前回「tetsuバトン」なるモノをやったのだが。

らいらいが書いてたから私も書いちゃうぜ。


一時期、どーしてもtetsuさんが嫌いだった時期があった。
多分らいらいと同じ時期だと思うんだけど。

やっぱりね、正直すぎる部分がグサリときたんだと思う。
まぁ、teっちゃんもリーダーだから真実を全て目の当たりにしてたんだろうから、相当辛かったんだと思う。
それを受け入れられない私が子供だったんだと今になれば思うんだけどね。
まぁ実際子供だったんですけど。

だから1999~2000年は凄い冷めた目で見てた。

2000年発売のアルバムの某曲で私の中の何かが壊れた。

歌詞カード見ながら聴いててその曲に入った後、「え?…え??;;」と思った矢先泣いてた。
号泣でどうしていいか分からなくなって、友人に電話したけどまだアルバム聴いてなくて私がただ泣くだけだった。

L'Arcが恐くなって、部屋中に貼ってあるポスターも映像も曲も恐くて暫らく聴けなかった。

完全にteっちゃんを拒絶した時だった。

tetsu fanの子を傷つけた事もあった。(本当子供だな…orz)

LIVEに行ってもその曲だけはどうしていいか分からなかった。





それが何がキッカケだったのかハッキリ覚えてないんだけど(あ。思い出したけどここには書けねぇや;)、凄いteっちゃんが苦渋の思いで書いて世に出したんだろうな。って思えて。
自分を犠牲にしてまで出した答え。

L'Arcを苦しめてたのは間違いなくfanの私達じゃないか。と気付いた。

そう気付いた時、激しく自分を恥じた。
本当に恥ずかしく、また悲しくなった。


それからかな?L'Arcが凄く大切な存在になったのは。
これまでとは違う、これまでにない熱い思い。

fanである私達が彼らを理解、応援してあげなければいけないんじゃないか。と。

目からウロコ。

今となれば、ソロに入って冷静に考える期間があったのもまた良かったんだと思う。
早くL'Arcに会いたくて、会いたくて頭が本気でオカシクなりそうだった。
当時の日記を見ても、毎日「L'Arcに会いたい。」って書いてあって正直キモイよ。(苦笑)

7daysに何があろうとも7日間全て参戦する!!と実行したのもその反動だったね。


teっちゃんのあの曲がなければ私はどうなってたかな?と思うよ。
未だ捻くれ者なのか、fanやめてるのか…?


人生何がキッカケで変わるか分からないね。

っていうお話。(まとめてみた。笑)

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

sakura haruno

Author:sakura haruno
L'Arc~en~Ciel中心生活中。
L'Arcさんがお休み時期は基本ヲタク気質。
プロフ、新設置しました。
→ここ← からどうぞ。

最近の記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。